川口文化服装専門学校

お電話でのお問い合わせは

048-253-0331

学校案内COLLEGE

理事長挨拶

中学生、高校生の皆さん
専門学校こそ、今、必要とされている学校です

photo01.jpg

理事長・校長 浅沼 良臣

開成中学校卒業/開成高等学校卒業/早稲田大学卒業/学校法人文化学園理事長/川口文化服装専門学校校長/川口文化幼稚園園長/埼玉県私立学校総連合会会長/一般社団法人埼玉県専修学校各種学校協会会長/社団法人全埼玉私立幼稚園連合会理事/川口市私立幼稚園協会会長/埼玉県私立学校審議会委員

服飾に関する技術を修得しながら、
高校と専門学校の卒業資格と専門士称号が得られる学校

本校は服装に関する専門知識と技術を修得して、社会で活躍できる人間を育成することを目的とするファッションとデザインの専門学校です。
「着たいもの」が「作れるもの」になる技術を修得すると同時に、クリエーターとしての技術と感性を備えることによって、職業人、産業人として企業で能力を発揮できる人材になることが必要です。世界共通の産業社会の中で通用するグローバルな技術と能力が求められています。専門学校も、より産業界と連携を強めていき、共通の産業教育を目指しています。技術と資格こそ新しい、確かな生き方です。

学校理念

philosophy.jpg

服装という言葉は、衣服に人間の生活行動が表現された状態を意味するものであり、その人の教養と個性が基本的に求められます。本校においては服装に関する技術教育・職業実践教育と併行して、教養と創造性の育成、及び常に変化していく現代社会にあって自らの在り方生き方を考え、主体的に行動し積極的に自己実現していく21世紀にふさわしい人材育成を教育方針としています。

沿革

昭和22年4月 本校は浅沼栄吉先生によって設立され、埼玉県知事の認可を得る。
昭和24年 川口文化幼稚園を設立。
昭和29年11月 学校法人文化学園とし、経営体系を公共的組織に改め、一段と施設設備を拡充。
昭和51年 我が国の画期的な教育制度の改革によって、本校は専門学校として認可される。新しく教育内容の充実向上をはかり、専門課程と高等課程を設置する。
昭和63年4月 高等課程が埼玉県立大宮中央高等学校の単位制による通信制の課程と技能連携。
昭和63年10月 高等課程が大学入学資格付与の指定を受ける。
平成元年4月 家政高等課程洋裁科ならびに和裁科の名称を、服飾・家政高等課程「服装科」に変更する。服飾・家政高等課程「服装科」が、県立大宮中央高等学校「単位制の課程による通信制の課程」と技能連携。
平成元年 専門課程服装科に外国人留学生の受け入れを始める。
平成6年3月 専門課程服装科修了者に対し「専門士」の称号の付与を認められる。(文部省告示第7号)
平成7年4月 服飾・家政専門課程に服飾専攻科(修業年限1年)を設ける。生涯学習の要請に応えるべく、一般を対象とした別科服装専科を設置。

TOPICS

入試案内

入学をご検討の方はこちらをご覧ください。

オープンキャンパス

無料制作体験もできるオープンキャンパスのご案内はこちら。

資料請求・お問い合わせ

ご質問・ご相談も承ります。お気軽にお問合せください。

アクセス

交通アクセス・最寄駅からの経路はこちら。

川口文化幼稚園

川口文化幼稚園へのリンクです。

マイナビ進学

マイナビ進学へのリンクです。

文化服装学院連鎖校協会

文化服装学院連鎖校協会へのリンクです。

PAGE TOP